人気の冷え性改善グッズとおすすめ対策方法

MENU

冷え性の症状?どこが冷えるの?

冷え性の症状?どこが冷えるの?

 

 

ひとくちに冷え性といっても、体の部位によって感じ方が全然違いますよね。今日は、冷えを感じる場所による冷え性の対策についてご紹介いたします。

 

 

足の冷え性

 

・つま先
冷え性の中でも一番多くて、辛いといわれている部位です。お風呂に入ったあとも氷のように冷たくなってしまったりして、嫌ですよね。つま先は簡単なストレッチが効果的です。足指でグーチョキパーをするように何度も開いたり閉じたりを繰り返しましょう。靴下の重ねばきをするときには、シルクなどの薄手の素材を選びましょう。分厚い靴下だと、汗をかいて逆に冷えてしまいます。寝るときに足元に湯たんぽを置くのもいいでしょう。

 

・足首
女性はパンプスやサンダルを穿くため、足首のあたりが冷えがちです。座っている時に足首を回す体操をして、こまめに筋肉をほぐしましょう。くるぶしの後ろ側にあるツボを押すのも効果があるといわれています。

 

・ふくらはぎ
ふくらはぎを温めるのにおススメなのは、防寒具のレッグウォーマーです。また、足湯もいいでしょう。最近では家庭で手軽に足湯が楽しめるグッズが通販などでも手に入りやすくなっています。

 

 

 

手の冷え性

 

・指先
体は暖まっているのに手の指先だけが冷えて、なかなか暖まらないことって多いですよね。さすって一時的に暖まってもすぐに冷たくなるかたもいるのでは?指先の冷えには、手首を回す運動が効果的です。仕事の休憩中などに試してみてください。また、両手の指の付け根にあるツボを押したり揉んだりするうちに、徐々に暖かくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の内側の冷え性

 

・内臓
お腹に手をあててみて、何となく冷たいかたは要注意。内臓が冷えている証拠です。内臓の血流が滞っていると、様々な病気を引き起こしてしまうこともあります。適度に運動をして筋肉をほぐしましょう。汗をかかない程度の厚着をすることも重要です。冷たい飲み物は避け、温かい飲み物や体を温める食材を使った食事を取るように心がけましょう。