人気の冷え性改善グッズとおすすめ対策方法

MENU

冷え性だと妊娠は難しいの?解消・治す方法は?

不妊で悩む女性のかたに朗報!

 

実は、不妊には女性に多い「冷え性」が大きく関わっているんです。
不妊治療の第一歩は冷え性の改善からはじめましょう。

 

 

冷え性と不妊

 

 

・ホルモンバランスが崩れる
冷え性の女性はホルモンのバランスが崩れがちです。冷えは血液の巡りを悪くさせます。血液には体のエネルギーのもととなる栄養素や酸素、体の調子を整えるホルモンなどが含まれるので、これが体にいきわたらず卵巣機能や黄体機能などの低下を引き起こします。

 

・内臓が冷えると子宮も冷える
胃や腸などの内臓が冷えると、子宮も一緒に冷えてしまいます。子宮に血液が行き渡らず冷えたままだと、なかなか赤ちゃんが宿りづらい体になってしまいます。

 

 

 

冷え性からくる女性の病気

 

・生理痛、生理不順
子宮が冷えると生理痛も酷くなり、生理も順調に来なくなってしまいます。

 

・排卵障害
冷え性で血流が悪くなると、卵胞を刺激するホルモンが分泌されにくくなり、排卵障害を引き起こしてしまいます。

 

・子宮筋腫、子宮内膜症
古い子宮内膜がはがれて排泄されるのが生理ですが、冷え性によってこの排泄機能が弱まると、子宮内に粘膜が溜まります。これが筋腫や子宮内膜症の原因になる場合もあります。

 

・卵管障害
冷えによる機能低下により卵管が詰まり、不妊になるケースもあります。

 

・男性の不妊
冷え性と不妊は女性だけの問題ではありません。本来、筋肉量の多い男性は女性よりも冷え性になりにくいですが、冷暖房が完備された現代の男性は、冷え性に悩まされる人が多いです。冷えで腎機能が低下すると、精子や生殖器の異常、精力減退などを引き起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷え性対策

 

・子宮を守る
子宮のある下腹部は、内臓が少ないため冷えてしまいがちです。脚やお腹を冷やさないように常に温かい服装を心がけましょう。冷たい飲み物や食べ物もNGです。

 

・便秘を解消する
腸の血流が滞ると子宮も冷えてしまいます。適度な運動をして繊維質の食物を多くとり、普段から便秘を解消するよう心がけましょう。