人気の冷え性改善グッズとおすすめ対策方法

MENU

手足の冷えを治す簡単な方法

手足の冷えを治す方法
冷え性の人にとって、一度冷え切ってしまった手足を温めるのは簡単ではありません。
冷えを改善させる方法をしっかりおさえ、寒い冬でも快適で温かい毎日を手に入れましょう。

 

手足が冷える原因は?

 

「体は暖かいのに手足だけが冷えている」「布団の中でも手足が温まらずなかなか寝付けない」など、手足の冷えに悩まされている人は多いはず。
靴下やカイロ、ストーブなど、様々な工夫をして冬を乗り越えていることと思いますが、冷えの根本的な解決にはなっていないことが多いのではないでしょうか。
手足が冷えやすくなるそもそもの原因は気温の低さとはあまり関係がありません。冷えの原因は血行不良、つまり血液が正常に手足の先まで送られていないことにあるのです。
外側からの熱で冷え切った部分を温めようとしたところで冷え性自体を改善させることはできず、かえって悪化させてしまうこともあります。
手足の冷えを改善させるには、冷えのそもそもの原因、つまり血行不良を改善させて、体の中から熱を作り出していく必要があるのです。

 

手足が冷えやすい人の特徴って?

 

手足の冷えに悩んでいる人は圧倒的に、男性よりも女性の方が多いと言われています。その理由としては、まず一つ目に、女性は男性よりも筋肉が少なく、皮下脂肪が多いことが挙げられます。
筋肉には熱を生み出す性質がありますが、女性は男性に比べ筋肉量が少なく筋肉の付きにくい体のつくりになっています。また、皮下脂肪は一度冷えると元の温度に戻りにくい性質を持っているため、皮下脂肪の多い女性は男性よりも冷えやすくなってしまうのです。
二つ目は、栄養バランスの偏った食生活。女性の中には食事制限によるダイエットを行っている人も少なくありません。栄養バランスが偏っていると体に必要なエネルギーがつくられなくなるため熱も生み出しにくくなり、血行不良につながることもあります。すべての女性がそうとは限りませんが、ダイエットをしている人や偏食気味の人は要注意です。
三つめは、オシャレを重視しすぎて必要以上に体を締め付ける服を着たり、冬でも薄着で過ごしたりしていること。体を締め付ける服装は血液の流れを悪くしますし、冬の薄着は体の熱を奪われる要因となってしまいます。体形や季節に合った服装をしているか、一度自分のファッションを見直してみてはいかかでしょうか。

 

手足の冷えを治す方法とは?

 

冷えは病気ではないので、「治療法」というものは存在しません。しかし、普段の生活を見直していくことで劇的に改善していくことはできます。
最も大切なのは血液の流れを良くしていくことです。体の中から暖まっていくことで血行が良くなり、手足の先まで暖かい血を循環させていくことができます。
生姜の入った飲み物やココアなどは、一般的に体を温める効果があると言われています。寒い冬はもちろんのこと、夏場でも冷たい飲み物は飲みすぎず、適度に暖かい飲み物を飲んで体を冷やさないよう心がけましょう。
また、前章でも述べたように体を締め付ける服装はNGです。ゆったりとした温かい服を着て、ヒールなど足を固定する靴は履かないようにしましょう。
最後に、適度にストレッチをすることをお勧めします。足の指を動かしたり、かかとを上げ下げするだけで血行は良くなります。仕事の合間にもこまめに手足を動かすようにして、血液の流れが良くなるよう意識しましょう。半身浴や足湯などもお勧めです。
冷え性は万病のもとと言います。日ごろの生活を少し変化させていくことで、不快な手足の冷えも万病をも防いで快適な日々を手に入れましょう。