人気の冷え性改善グッズとおすすめ対策方法

MENU

足の冷え簡単な解消方法と対策方法

足の冷え対策方法
多くの人が悩まされている足の冷え。
その原因も、そして対策方法も、意外なところにあるのです。

 

足の冷えの原因とは?

 

寒い季節、今年も足の冷えに悩まされている人は多いのではないでしょうか。
冷え性のひどい人は、夏場であってもクーラーなどの影響で足が冷え切ってしまいますよね。体はそんなに冷えていなくても、足先ばかりが冷え切ってなかなか暖まってくれないのは、一体なぜなのでしょうか?
それは、自律神経が正常に働かず、バランスを崩していることが原因として考えられます。自律神経のバランスが乱れると、寒くないのに手足が冷えたり、熱くないのにほてったり、とにかく体の体温調節がうまくいかなくなってしまうのです。
また、女性の方はよくわかっておられると思いますが、女性の場合一般的に男性よりも冷えを感じやすいと言われています。それは皮下脂肪が多いためで、体の中心部の熱が分厚い皮下脂肪によって皮膚まで伝わりにくくなることから冷えを感じやすくなるのです。

 

足の冷えを悪化させる習慣は?

 

ヒールや革靴など、足の動きを制限する靴を日常的に履いていませんか?
足の冷えを改善させるためには、まずは足の血行を良くすることが大切。冷えのひどい人は、足先までしっかりと暖かい血液がめぐるように、スニーカーなど楽な靴を履くことを心がけましょう。
仕事などで毎日ヒールを履かなければならないという人は、休憩時間などは裸足になって足を休ませるなど、長時間足を固定させないように心がけましょう。
また、寒いからと言って体を温めすぎてはいませんか?
足の冷えを解消するためには、外側からの熱で足先を温めることももちろん必要です。しかし、あまり頻繁に温めすぎると、自分の力で熱を生み出す力がなくなってしまいます。適度な運動やストレッチなどで、体の中から温めていくことが大切です。
思わぬところで足の冷えを悪化させる行動が習慣になっていないか、普段の生活を見直してみてはいかがでしょうか。

 

足の冷えの対策法とは?

 

足の冷えの対策法は、日ごろの生活の中で簡単に行えるものが多くあります。
まず一つ目は、足裏の角質をケアすること。角質がたまり固まった状態だと、足先までしっかりと血液が循環せず、冷えの原因となってしまいます。
二つ目は、お風呂でしっかり暖まること。それも半身浴で、38度から40度くらいのお湯に2、30分しっかり浸かって体を温めましょう。
また、足湯を習慣づけることも効果的です。毎日10分程度でいいので、熱めのお湯で足先を温めるようにしましょう。
三つ目は、適度にストレッチを行うこと。足先はどんどん動かしていくことで血行を良くしていくことができます。
・つま先を伸ばす…足を伸ばし、つま先を前に伸ばします。この時、足の甲から足首にかけて伸びていく感覚があります。5秒間伸ばしたら、次はつま先を自分の方に、アキレス腱を伸ばす感覚で伸ばします。これを10セット続けましょう。
・かかとの上げ下げ…立ったままかかとを上げたり下げたりしているだけで、血行がよくなりポカポカになります。立ち仕事の合間などにちょうど良いですね。
・貧乏ゆすり…こきざみな貧乏ゆすりは、血行を良くしてくれます。周囲の人に迷惑がかからないよう注意して行いましょう。
これらのほかに、“足の指を一本ずつぐるぐるまわす”、“足の爪の根元を揉む”など、寝る前の少しの時間で実行できるストレッチはたくさんあります。
「足が冷えて仕方ない」という不快感は辛いものです。しかし、少しの努力で改善していくことができるので、まずはしっかり自分の症状を理解して対策法を実践してい