人気の冷え性改善グッズとおすすめ対策方法

MENU

冷え性の簡単解消・対策方法教えます!

冷え性の解消方法

 

 

いよいよ冬到来!寒い季節になると、悩まされるのが冷え性。手足の先が冷えて全然暖かくならなかったり、
肩こりがひどくなったり・・・辛いですよね。今日は、冷え性の原因と、簡単にできる対策についてご紹介します。

 

 

 

冷え性とは?

 

 

・冷え性とは「普通の人だと寒いと感じない気温でも、体の一部や末端などが冷えて辛いと感じる症状」のことです。

 

・女性は男性よりも筋肉量が少なく筋肉も付きづらいので、冷え性になりやすいです。女性の半数から7割近くが冷え性を自覚しているともいわれています。

 

・圧倒的に冬に多い症状ですが、意外に夏にも発症します。冷房の効いた室内や、冷たい飲み物を多くとる、シャワーだけで済ます入浴習慣などの現代の生活が引き起こしています。

 

※女性に多い冷え性ですが、男性でも約1割の人が冷え性を自覚しているといわれています。男性では、運動不足による筋力低下やストレス、生活習慣病による動脈硬化などが原因としてあげられます。

 

 

 

 

冷え性の解消方法は?

 

 

・入浴
ぬるめのお湯に時間をかけてゆっくりと浸かりましょう。半身浴も効果的です。熱めのお湯は体表面だけ温めて、すぐに湯船から出てしまうことになるので避けましょう。

 

・マッサージやストレッチ
仕事の休憩時間や家事の合間などを使って無理のない柔軟体操をしたり、お風呂上りにふくらはぎをマッサージするといいでしょう。足指でじゃんけんをするようにしてグーチョキパーを繰り返すのも効果があります。

 

・睡眠
充分な睡眠を取り、疲れを溜めないようにしましょう。冬は湯たんぽを使って足元を温め、夏場は氷枕を使ってクーラーの使用を控えるのがいいでしょう。

 

・食事
季節の旬のものを食べて、体の中から冷え性を改善しましょう。冬に取れる野菜の大根・白菜・しょうがなどは体を温める効果があります。夏は冷たいものをひかえて、暖かい飲み物などで体温を調節しましょう。

 

・服装
重ね着しすぎても血行を妨げて冷え性がすすんでしまう原因になります。靴下の重ねばきは汗をかきすぎるのでやめましょう。ファッション重視でピッタリしすぎの服を着るのも避けましょう。適度にゆったりさせて空気の層を作るのがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷え性に負けない体

 

冷え性は、ほうっておくと決行がますます悪くなり、肩こりや頭痛、腰痛や肌荒れ、神経痛なども引き起こします。
深刻にならないうちに、日常生活で改善していくように心がけましょう。